プロ野球からアマチュア野球まで、野球を縦横無尽に語ろう

2013年ドラフト候補

2013年ドラフト候補の順位予想と結果


»高校生プロ野球志望届提出者一覧(日本高等学校野球連盟ホームページ)

»大学生プロ野球志望届提出者一覧(全日本大学野球連盟ホームページ)


»印の氏名をクリックすると観戦記事にリンクします。

■ドラフト1位候補

楽天1位»松井 裕樹投手桐光学園左投左打174㌢/75㌔
日本ハム1位»渡辺  諒遊撃手東海大甲府右投右打178㌢/78㌔
西武1位»森  友哉捕手大阪桐蔭右投左打170㌢/80㌔
ヤクルト2位西浦 直亨遊撃法政大右投右打178㌢/75㌔
阪神1位岩貞 祐太投手横浜商大左投左打182㌢/78㌔
広島1位»大瀬良大地投手九州共立大右投右打187㌢/89㌔
阪神4位»梅野隆太郎捕手福岡大右投右打173㌢/82㌔
オリックス2位»東明 大貴投手富士重工業右投右打177㌢/76㌔ 24歳
ロッテ1位»石川  歩投手東京ガス右投右打185㌢/70㌔ 25歳
オリックス1位»吉田 一将投手JR東日本右投左打191㌢/92㌔ 24歳
日本ハム2位»浦野 博司投手セガサミー右投右打178㌢/70㌔ 24歳
DeNA1位»柿田 裕太投手日本生命右投右打182㌢/85㌔ 21歳

[評]大学の人気選手の調子が上がらない中、社会人の実力派が順調に力を発揮している印象。日本生命の柿田はチームメートの大学卒(東京農大)・吉原正平のプロ入りが先だと思い、最近まで名前が挙がらなかった選手。大学生の岩貞はチームメートの左腕・西宮悠介を最終学年で逆転した印象だ。


■高校生 ドラフト上位候補

オリックス4位»園部  聡一塁手聖光学院右投右打184㌢/87㌔
ソフトバンク4位»上林 誠知外野手仙台育英右投左打184㌢/77㌔
楽天2位»内田 靖人三塁手常総学院右投右打185㌢/88㌔
オリックス3位»若月 健矢捕手花咲徳栄右投右打180㌢/84㌔
広島5位»中村 祐太投手関東一右投右打181㌢/75㌔
中日1位鈴木 翔太投手聖隷クリストファー右投右打183㌢/73㌔
巨人3位田口 麗斗投手新庄左投左打170㌢/75㌔
楽天4位»古川 侑利投手有田工右投右打178㌢/77㌔

[評]園部、上林、内田、若月と高校生野手を多く紹介した。1位候補が投手の寡占状態(8人)なので、それに次ぐ評価は当然野手が多くなる。園部、内田は最近、高校野球ドットコムで取材したばかりなので印象が強い(»内田靖人選手インタビュー)。ちなみに、園部は昨年の秋以来、公式戦以外の練習・試合では常に三塁の守備に就いているので、守備位置は厳密に言えば「三塁」である。


■大学・社会人 ドラフト上位候補

木下 拓哉捕手法政大右投右打183㌢/90㌔
日本ハム6位白村 明弘投手慶応大右投左打187㌢/84㌔
日本ハム3位岡  大海一塁手明治大右投右打185㌢/83㌔
広島2位»九里 亜蓮投手亜細亜大右投右打186㌢/82㌔
ヤクルト1位»杉浦 稔大投手国学院大右投右打188㌢/82㌔
楽天5位»西宮 悠介投手横浜商大左投左打180㌢/80㌔
西武3位»豊田 拓矢投手TDK右投右打173㌢/83㌔ 26歳
巨人1位小林 誠司捕手日本生命右投右打178㌢/72㌔ 24歳
ヤクルト3位»秋吉  亮投手パナソニック右投右打182㌢/76㌔ 24歳
ソフトバンク2位»森  唯斗投手三菱自動車倉敷オーシャンズ右投右打173㌢/72㌔ 21歳

[評]大学生の白村、岡、杉浦、九里は1位候補で紹介したほうがよかったかもしれない。白村、杉浦が1位指名された場合、1位候補から落ちるのは野手の渡辺諒、西浦あたりだろう。プロ各球団は投手が好きなので十分あり得る。個人的には都市対抗で魅了された豊田と森の上位指名を期待したい。ともに腕がびゅんびゅん振れる本格派だ。


■高校生 ドラフト中位候補

オリックス5位»吉田 雄人外野手北照右投左打178㌢/73㌔
巨人4位»奥村 展征遊撃手日大山形右投左打177㌢/72㌔
大友 祥之遊撃手学法石川右投右打182㌢/74㌔
日本ハム8位石川  亮捕手帝京右投右打179㌢/83㌔
»喜多 亮太捕手敦賀気比右投右打176㌢/70㌔
DeNA5位関根 大気外野手東邦左投左打174㌢/78㌔
小川 章太投手高野山右投右打183㌢/74㌔
ヤクルト5位児山 祐斗投手関西左投左打182㌢/83㌔
巨人2位»和田  恋三塁手高知右投右打178㌢/78㌔
»岩重 章仁外野手延岡学園右投右打183㌢/83㌔
ロッテ6位二木 康太投手鹿児島情報右投右打188㌢/74㌔
阪神2位横田慎太郎外野手鹿児島実左投左打186㌢/85㌔

[評]吉田は夏の選手権後に行われた18U世界野球選手権で評価がグンと上昇した。力のある外国の投手相手に打率.364と打ち込んだのだ。とくにキューバ戦、韓国戦、最初のアメリカ戦(いずれも4打数2安打)、カナダ戦、メキシコ戦(いずれも3打数2安打)では木製バットでマルチ安打を記録。この実績は指名順位に大きく反映されると思う。


■大学・社会人 ドラフト中位候補

楽天6位横山 貴明投手早稲田大右投右打180㌢/79㌔
DeNA3位嶺井 博希捕手亜細亜大右投右打175㌢/75㌔
阪神3位陽川 尚将三塁手東京農大右投右打178㌢/79㌔
ロッテ2位吉田 裕太捕手立正大右投右打184㌢/94㌔
ロッテ3位»三木  亮遊撃手上武大右投右打174㌢/75㌔
日本ハム4位高梨 裕稔投手山梨学院大右投右打185㌢/75㌔
ヤクルト4位岩橋 慶侍投手京都産業大左投左打185㌢/75㌔
中日3位桂 依央利捕手大阪商業大右投右打185㌢/80㌔
広島3位田中 広輔遊撃手JR東日本右投左打172㌢/78㌔ 24歳
»井領雅貴外野手JX-ENEOS右投左打174㌢75/㌔ 24歳
日本ハム5位金平 将至投手東海理化左投左打180㌢/73㌔ 22歳
»川辺 健司捕手ヤマハ右投右打179㌢/78㌔ 24歳
ロッテ5位井上 晴哉一塁手日本生命右投右打180㌢/100㌔ 24歳
西武6位»岡田 雅利捕手大阪ガス右投右打170㌢/72㌔ 24歳
菊地 翔太投手JR九州右投右打185㌢/82㌔ 22歳
»井川 博文投手高知ファイティングドッグス右投右打178㌢/80㌔ 26歳
中日2位»又吉 克樹投手香川オリーブガイナーズ右投右打180㌢/74㌔ 23歳

[評]もっと上で評価される可能性があるのは東都2部リーグの陽川と吉田裕だ。東都は2部と言っても1部とそれほど大きな差があるわけでもない。今年の1位候補、吉田一将も日大時代は6季2部でプレーした。地方リーグの三木、高梨、桂も3位くらいの指名があってもおかしくない。


■高校生 ドラフト中~下位候補

DeNA育成1位砂田 毅樹投手明桜左投左打178㌢/75㌔
楽天9位今野 龍太投手岩出山右投右打178㌢/70㌔
中日育成1位岸本 淳希投手敦賀気比右投右打182㌢/80㌔
高橋 遥人投手常葉橘左投左打180㌢/70㌔
巨人5位平良拳太郎投手北山右投右打180㌢/70㌔
西村  凌捕手青森山田右投右打175㌢/73㌔
望月 直也内野手盛岡大付右投右打179㌢/76㌔
»遠藤 裕也内野手東海大相模右投右打185㌢/83㌔
西武4位»金子 一輝内野手日大藤沢右投右打182㌢/73㌔
日本ハム7位岸里 亮佑外野手花巻東右投左打181㌢/75㌔

[評]◇投手⇒砂田毅樹はオリックス・八木智哉を思わせる左腕スリークォーターから曲がりの大きいスライダーを武器にする本格派。今野龍太は右腕だが砂田同様大きなスライダーを武器に、今夏宮城大会2回戦でノーヒットノーランを達成した。岸本淳希はサイドスローから140キロ台中盤のストレートを前面に押し出す本格派、高橋遥人は美しい上手からの美しい腕の振りと縦割れのカーブで昨年夏、甲子園を沸かせた。平良拳太郎は上体をグラインドして投げる、往年の尾崎行雄(元東映)を思わせる本格派で、古い野球ファンには懐かしい。
◇野手⇒西村凌はイニング間の二塁送球で2秒を切る強肩。望月直也は自分のタイミングでボールを捉えられる強打者、遠藤裕也は内野すべてを守れる万能選手にして一発長打が狙える強打者。金子一輝は遊撃守備だけでなく春の神奈川大会で松井裕樹(桐光学園)から二塁打を放っているように強打者としても知られる存在。岸里亮佑は夏の甲子園大会で安楽智大(済美)から二塁打を含む2安打を放ち、投げては最速146キロを投げる本格派としても知られる。


■大学・社会人 ドラフト中~下位候補

斎藤 英輔投手青山学院大右投右打178㌢/82㌔
阪神6位岩崎  優投手国士舘大左投左打184㌢/78㌔
白濱 尚貴投手京都学園大左投左打178㌢/65㌔
高野 圭佑投手四国学院大右投右打177㌢/72㌔
櫻田裕太郎投手Honda左投左打176㌢/75㌔ 26歳
ソフトバンク3位岡本  健投手かずさマジック右投右打177㌢/81㌔ 21歳
樋口 裕史投手日本通運左投左打180㌢84/㌔ 24歳
»大城 基志投手JX-ENEOS左投左打172㌢/63㌔ 26歳
ソフトバンク1位»加治屋 蓮投手JR九州右投右打184㌢/82㌔ 22歳
和田 有斗投手信濃グランセローズ左投左打182㌢/84㌔ 23歳
永松 泰典捕手鷺宮製作所右投右打170㌢/74㌔ 24歳
»嶋田源太郎内野手JR北海道右投左打180㌢/79㌔ 24歳
»石岡 諒太内野手JR東日本左投左打187㌢/84㌔ 21歳
吉田  潤内野手東芝右投左打180㌢/81㌔ 24歳
小田 裕也外野手日本生命右投左打172㌢/72㌔ 24歳
»橋本 駿介?外野手JFE西日本右投左打172㌢/70㌔ 23歳
吉村 旬平外野手徳島インディゴソックス右投左打178㌢/82㌔ 22歳

[評]◇投手⇒斎藤英輔は3年までの評価なら上位候補。素質の埋蔵量は上位選手にヒケを取らない。岩崎優白濱尚貴は緩急の操作に巧みな技巧派左腕、高野圭佑は145キロ台中盤のストレートにカーブ、スライダーを交えた横の揺さぶりに定評がある。社会人球界では櫻田裕太郎がチェンジアップ、樋口裕史がスライダー、大城基志が“宜野座カーブ”とチェンジアップを武器に社会人球界で確固たる地位を築いてきた。岡本健加治屋蓮の両右腕は岡本が緩急、加治屋がストレートを武器にする本格派。独立リーグの和田有斗はキレのあるストレートとシンカーを武器に小気味いいピッチングを繰り広げる好左腕だ。
◇野手⇒永松泰典はイニング間の二塁送球で1.8秒台を記録する社会人屈指の強肩キャッチャー。嶋田源太郎は都市対抗1回戦の沖縄電力戦で3安打を放ち、走守でも目立った存在だ。石岡諒太は欲のなさが玉にキズだが、ポテンシャルの高さでは社会人野手の中でも最上位に入る好打者。吉田潤は9番打者として出場した都市対抗1回戦・大阪ガス戦の先制3ランでわかるように勝負強さが天下一品。小田と橋本は走攻守3拍子が揃い、小田裕也は亜大時代の大学選手権決勝で福谷浩司(中日)からサヨナラホームランを放っているのが印象深い。橋本駿介は都市対抗1回戦のHonda戦で三塁打を放ったときの三塁到達タイムが11.11秒というとんでもない俊足選手。吉村旬平もプロ三軍・フューチャーズとの交流戦で俊足と好打を関係者の前で披露し、評価は高い。



直前のページへ戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

UA-28613913-1