プロ野球からアマチュア野球まで、野球を縦横無尽に語ろう

フューチャーズ選抜対四国アイランドR+選抜②

2013年7月2(火)~4日(木) 上尾球場・大宮公園球場

フューチャーズ対四国アイランドリーグplus(イースタンリーグ、チャレンジマッチ)

四国アイランドリーグplusで注目した選手

 7月2日から3日間行われた四国アイランドリーグplus(以下四国IL)対フューチャーズ(以下FT)の交流戦を見て、記憶に残った選手を紹介する。四国ILの投手では前期リーグ1位の7勝1敗、防御率1.34で二冠に輝いた又吉と、7月3日の試合でストレートが144キロを計測した井川がよかった。

 又吉は自己最速の147キロには到達しなかったが、楽に腕を振って投じる140キロ前後のストレートと横変化のスライダー、シンカーにキレがあり、FT各打者は再三差し込まれ、バットを折る選手も数人いた。

 井川も又吉同様サイドスローで、ストレートは四国IL勢の中では最速となる144キロを計測した。サイドスローでも井川の場合はテークバック時のヒジの位置が高く、投げ下ろしのような腕の振りになる。昨年までヤクルトに在籍していた林昌勇がタイプ的に近い。

 野手では藤長の俊足、河田の長打が目立った。藤長は1番で起用された7/2、打者走者の一塁到達4.3秒未満を3本記録し、とくに第2打席の投手ゴロ3.87秒と、第3打席の中前打4.11秒には目をみはった。河田は同じ試合で3本のヒットを記録しているが、第2打席の右越えホームランは内角へのチェンジアップを強烈に押し込んだ一撃で、技術的な高さもあった。

■四国アイランドリーグplus

◇投手

又吉 克樹香川23歳右投右打180㌢/74㌔西原→IPU環太平洋大
井川 博文高知26歳右投右打178㌢/80㌔倉吉農→金沢学院大



◇二塁手

藤長 賢司愛媛25歳右投左打173㌢/74㌔済美→大阪体育大



◇外野手

河田 直人高知21歳右投左打180㌢/85㌔生光学園→愛知学院大中退
吉村 旬平徳島22歳右投左打178㌢/82㌔光明相模原

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

UA-28613913-1