プロ野球からアマチュア野球まで、野球を縦横無尽に語ろう

7月5日(金)

◇第4日 7月5日(金曜日)

 朝8時に起きてシャワーを浴びる。10時前、前日行ったカレー屋でチキンカレーを食べる。おいしいが、アメリカの食べ物は全体の量と肉が多すぎる。

 11時過ぎ、フィラデルフィア行きのグレイハウンドに乗る。ハイウエイ快適。車窓に展開する森と川と湖が素晴らしい。スケールの大きい景観に圧倒される。

 フィラデルフィアに着いたのは13時過ぎ。そこからTAXIでフィリーズの本拠地、ベテランズコロシアム近くのホリデイインまで行き、チェックインする。

 部屋でひと休みしてから、フィリーズ対エキスポズの試合を見に出かけたのは17時頃。スタジアムまで歩いて5分くらいの距離で、まずチケットを買うことに。200~500レベルに値段が設定され、一番高価な200レベルは売り切れていたので、300レベルのライトスタンドの席を買い求める(20ドル)。

 地味なカードの割に混んでいるので聞くと、独立記念ウイークは休日なので観客が多いのだと田辺さんが教えてくれた。ゲーム中盤にスタジアム内を歩く(私には探検)。

 グレーのフィリーズキャップを20ドルで買い、チキンの唐揚げとポテトフライが山盛りになったチキンテンダーを買おうと65ドルを差し出すと、「幾つ買うの?」と聞かれたので「1つ」と答えると、「6ドル50セント」だと言う。ああ、恥ずかしい。

          スターティングメンバー

エキスポズフィリーズ
(8)B.ウィルカーソン  (8)R.レディー
(4)J.ビドロ(6)J.ロリンズ
(9)V.ゲレロ(9)B.アブレイユ
(7)オーリー(7)P.バレル
(5)F.タテース(5)S.ローレン
(3)A.ガララーガ(3)ジアンビ
(6)O.カブレラ(2)M.リーバーサル  
(2)M.バレット(4)M.アンダーソン
(1)大家友和(1)R.パーソン

 試合は、大家が4回終了まで7三振を奪う力投を見せ楽しめたが、最も注目したのはフィリーズの4番パット・バレル。神宮球場で行われた日米大学野球選手権で、当時明大の川上憲伸から打った特大のホームランは今でも鮮明に記憶に残っている。その強打はいまだに健在で、ここでも人気があった。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

UA-28613913-1