プロ野球からアマチュア野球まで、野球を縦横無尽に語ろう

鹿屋中央対鹿児島南

2011年全国高校野球選手権都道府県大会 九州遠征レポート

鹿児島県大会

2011年7月16日(土) 県立鴨池球場

鹿屋中央-鹿児島南

 注目したのは鹿児島南のエース、笛田怜平(右右)。一言で言えば山田秋親(ロッテ)の若い頃に似ている。

 アゴが上がったフォームで、投げに行くとき首が強く振れる。古い野球ファンには、水野雄仁(元巨人)と言ったほうがわかりやすいだろう。

 偵察隊に聞くと、5回終了までのMAXは143キロで、これまでの最速は「146か7です」とのこと。ストレートは速い。変化球は大きな横変化のスライダーがあり、後半には小さい横変化も投げていた。

 フォームから予測できるように、右打者への内角球は少ない。コントロールもアバウトで、これは大きい上体の動きを未発達の下半身が受け止め切れていないからだろう。
 
 8回に、味方のまずい守りもあって3点入れられ、3対4で逆転負け。課題は多いが魅力も多い、鹿児島の勢いを感じさせる大型投手だった。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

UA-28613913-1