プロ野球からアマチュア野球まで、野球を縦横無尽に語ろう

狭山ヶ丘対浦和学院

2013年4月30日(火曜日) 大宮公園球場

春季埼玉大会

浦和学院8‐0狭山ヶ丘

 選抜大会優勝の浦和学院が次のようなスターティングメンバーを披露した。

竹村 春樹
贄  隼斗
山根 佑太
高田 涼太
木暮 騎士
斎藤 良介
酒本 祐也
山口 瑠偉
服部 将光

 高田が三塁から捕手、木暮が一塁から三塁、空いた一塁には2年生の酒本(さかもと)が入った。木暮は4回に3番打者が放ったショートバウンドの打球をお手玉した上、一塁に悪送球しているが、「守乱」というほどヘタではない。

 高田の守りにも違和感はなかった。先発の山口は右腕が背中のほうまで深く入るスリークォーターに特徴がある。右打者に対しては外角球が多くなるフォームで、狭山ヶ丘のスタメンにはその右打者が7人並ぶ。

 平凡な捕手なら山口のフォームと「外角が投球の基本」という思い込みで外角球を多く求めるはずだが、高田は辛抱強く内角に構え、外に逃がすスライダーをより効果的に使った。イニング間の二塁送球は前半は2.06→2.03→2.03と2.0秒台を3本続け、地肩の強さも見せた。

 高田にあえて捕手を守らせたのは新戦力を一塁で起用したかったからかな、と思った。沖縄県具志頭(ぐしかみ)中学出身の2年生酒本祐也(右投右打)はそう思わせるほどよかった。

 スラッとした筋肉質の長身選手で、大きい動きを抑えた無駄のないスイングに特徴がある。第2打席では中押しのタイムリーを中前打に放っているが、これが前進守備のショートの右を激しく破る打球だった。夏を見据えたナイスな抜擢である。最終イニングとなる7回には1年生左腕・江口奨理を登板させ、来季に対する備えもばっちり。選抜優勝で森士監督は勝利への欲望が増したようだ。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

UA-28613913-1