プロ野球からアマチュア野球まで、野球を縦横無尽に語ろう

東芝対かずさマジック

2011年3月10日(木曜日) 晴れ、寒い 神宮球場

スポニチ大会

東芝-かずさマジック

 久保貴広(投手・24歳・右右・180㌢/78㌔ 前橋育英→北海道東海大→かずさマジック)は、前日は8回まで投げ1失点、この日は6回まで投げて3安打無失点の好投を見せた。鉄腕と言っていい。

 ストレートは最速147キロと一定以上の速さを備えているが、「速球派」というより「技巧系」くらいのカテゴリーに入れたい。3要素を備えているので、右打者の内角に腕を振って渾身のストレートを投げ込むという芸当もできる。

 変化球は115キロくらいのチェンジアップのキレがよく勝負球。これに鋭く横にスライドするスライダー、一般的なスライダーに近い斜め変化するカーブを交えてピッチングを構成する。

 ディフェンス面は甘さが目についた。2回表、松永隆太のボテボテのゴロは明らかに久保が処理すべき打球だが、捕手の山縣有輔が捕りにいき、ヒットにした。技巧系の投手なら、ディフェンス面は万全にしたい。

クイック1・12~1・19秒
投球タイム(セットポジション)1・17秒(無走者でもクイック)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

UA-28613913-1