プロ野球からアマチュア野球まで、野球を縦横無尽に語ろう

徳山大対奈良産業大

2011年6月7日(火曜日) 東京ドーム

全日本大学野球選手権

徳山大対奈良産業大

 相本芳洋(投手・華陵高→徳山大4年・右右・182㌢/78㌔)の確認できた最速は141キロ。スリークォーターの腕の振りは体から離れ、左肩の開きも早い。ピッチングのばらけた印象は、大方がこの開きのせいだ。

 変化球はスライダーが主体で、125キロの小さい横変化、133キロの大きい横変化の2つがある。いいのはボールのキレ。

 左肩の開きを抑えられれば、もっと上のレベルのピッチングができると思った。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

UA-28613913-1