プロ野球からアマチュア野球まで、野球を縦横無尽に語ろう

川内対神村学園

2011年全国高校野球選手権都道府県大会 九州遠征レポート

2011年7月16日(土) 県営鴨池球場

鹿児島県大会

川内-神村学園

 市民球場から歩いて5分くらいで県営球場に着く。第1試合はまだ8回裏で、すぐ目に入ったのが神村学園の2年生右腕、柿澤貴裕(右左)。叩き下ろしのスリークォーターというフォームで、ストレートに勢いがある。あとで偵察隊の学生に聞くと、「今日のMAXは142キロです」とのこと。

 内回りのバックスイングで、右腕は背中のほうまで入るが左肩の早い開きはない。打者近くで小さく沈むシンカーらしき球があり、これがよくキレる。

 先輩の野上亮磨(西武)はオーバースローだが、ボールのキレには共通するよさがあり、学校の伝統というのは確かにあるなと納得した。来年のドラフト候補である。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

UA-28613913-1