プロ野球からアマチュア野球まで、野球を縦横無尽に語ろう

土気対千葉国際

2011年7月14日(木曜日)晴れ 船橋球場

千葉県大会

土気-千葉国際

千葉の本格派2年生は“岩隈2世”

 11日の松戸馬橋戦で先頭打者から9連続奪三振を演じた相内誠(千葉国際2年)が、この試合でもよかった。

 短所のほうから先に書くと、バックスイングに入りながら上体にねじれが加わるので、どうしても左肩が早く開く。

 ただ、前で批判した吉本にくらべると開きが浅く、右打者の内角に腕を振ってストレートも投げられるので、不満は感じない。

 また、吉本は評価が高い選手なので、評価が高い分言い方も厳しくなるということを断わっておく。

 さて相内だが、似たタイプは岩隈久志(楽天)。トップに向かうとき、ボールを持つ右手がグラブから離れるところ、さらに内側から絞り上げるようなテークバックもよく似ている。

 内角は積極的に突く。フォーム的に難しいかなと思っていたが、そんなことはない。腕をもっと振って投げられたらいいのにと思ったが、それは今後の課題。とにかく、右打者の内角に投げられるという事実が大切である。

 変化球は物足りない。カーブだけだと思うが、カーブに似たキレと軌道のスライダーがあるかもしれない。いずれにしても打者は「カーブのような」変化球に的を絞ればいいわけで、緩急で崩される心配なく打席に立てる。

 この試合で奪った三振は9個。勝負球の内訳はストレートが6個、カーブが2個(1個は不明)と、ストレートのよさと変化球の物足りなさをよく表している。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

UA-28613913-1