プロ野球からアマチュア野球まで、野球を縦横無尽に語ろう

''酒居 知史''

2015年7月25日(土曜日)東京ドーム

都市対抗

大阪ガス-富士重工業

 準決勝進出が日本生命(大阪市)、王子(春日井市)、大阪ガス(大阪市)、三菱重工広島(広島市)で、8強進出の東日本勢がJR東日本東北(仙台市)1チームという極端な“西高東低”だった大会で久慈賞(敢闘賞)、若獅子賞(新人賞)を獲得したのが酒居知史(大阪ガス)だ。

 1回戦の東京ガス戦は今年のドラフト1位候補、山岡泰輔と投げ合って5回を1失点、この富士重工業戦は7回からリリーフして3回を無失点に抑え、関東の強豪を連破する立役者になる。

 始動からボールがキャッチャーミットに届くまで2.1秒以上というゆったりした投球フォームから(この日の)最速147キロのストレートを低めに集め、スプリット、スライダーとともに制球が安定。とにかく「危ない」とか「打たれる」という気配がまったくなかった。

 準々決勝ではJR東日本東北と対戦、やはり8回からリリーフして3回を1安打、無失点に抑えている。上下動の激しい先発の近藤大亮(パナソニックの補強→オリックス)にくらべ投球フォームに安定感があり、直曲球とも軌道にブレがないのがいい。4試合中、先発とリリーフが半々でもタイプ的には先発向きだと思う。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

UA-28613913-1