プロ野球からアマチュア野球まで、野球を縦横無尽に語ろう

''日本製紙石巻-日立製作所''

2018年3月12日(月曜日)神宮球場

スポニチ大会

日立製作所 4-2 日本製紙石巻

 日立製作所の2投手を見て現在の首都大学リーグの勢いを感じた。先発した西澤大(23歳・175㌢/81㌔・左左)は昨年まで日本体育大に在籍していた左腕だが、日本体育大が優勝した昨年秋の明治神宮大会に登板したのは今年のドラフト1位候補、東妻勇輔と松本航の2人だけで西澤は1イニングも投げていない。それがこの日は先発して6回を投げ、強豪の日本製紙石巻打線を1失点に抑えている。ストレートは最速142キロと物足りないが、内外角に投げ分けるコントロールに安定感があり、芯で捉えれば柵越えの強打者、佐山航平(指名打者・21歳・190㌢/95㌔・右右)をコントロールで翻弄、1、2打席連続三振に仕留めている。唯一与えた1点は5連続四球によるもの。右足でステップするとすぐ上半身が追いかけていくがここに時間差がほしい。この部分が改善されればストレートはさらに速くなり、コントロールも安定すると思う。
 
 日立製作所の3番手で登板した邑樂(おおら)雅貴(24歳・178㌢/85㌔・右右)は桜美林大出身。今年2年目だから佐々木千隼(ロッテ)と同学年ということになる。準優勝した2016年秋の明治神宮大会では準決勝の日本大戦に登板し、ストレートが最速147キロを計測(打者2人に投げ降板)、決勝の明治大戦はやはり3番手で登板、2回投げて1失点。この1点は星知弥(ヤクルト)に打たれたホームランなので誉めえられた内容ではない。

 日大戦も明大戦も先頭打者に四球を与えているので課題はコントロールだが、日本製紙石巻戦を見る限りかなり改善されている。西澤同様、下半身と上半身が一緒に前に出て行くフォームなので、割れを作る意識を持ち続けることが重要になる。この日のストレートの最速は146キロ。縦・横2種類のスライダーやチェンジアップのキレもよく、ドラフト候補に名乗りを挙げたと言っていいだろう。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

UA-28613913-1